占いの歴史と様々な手法とは|無料の夢占いサイトで調べてみよう!深層心理がわかります!

占いの歴史と様々な手法とは

占い書とろうそく

占いの歴史は古く、動物の骨や亀の甲羅などを火にくべて割れ方を読み解くことによる占いが最古の占いという説もあります。昔から未来を知りたいと思って、神秘的な手法に頼ってきたのです。今では科学が発達し、様々な事象を論理的科学的に分析することができるようになりましたが、それでも一分先のことさえ知ることはできません。末来を知るために神秘的な手法に頼る余地があるのは時代を問わないことであり、人間が生きる上で最も知りたいことであることに、変わりはありません。占うことによって、未来に対してどのように対応するべきかが提示されますから、一応の答えが得られます。この答を知って迷いがなくなったり、余計な悩みにとらわれなくなるという心理効果も占いの一つの効果として知られています。

占いの具体的なやり方としては、有名なものにタロットカードがあげられます。タロットカードは数十枚のカードに絵が描いてあり、それぞれの絵には意味が与えられており、占った結果として読み解く中で、そのカードの向きも重要な要素となっています。カードが逆に向いていれば、本来のカードの意味の真逆の意味という風になるのです。また占いの一つとして水晶玉を見て未来を見る手法も有名です。水晶には不思議な力が宿るとされ、占い師は未来を見ることができるとされます。また日本で有名なのが手相を読み解く手相占いです。これは手のしわの長さや場所、形がその人の過去末来現在と関連があるとされ、未来に関することも読み解くことができるという占いで、人気のある手法です。